Research press release

【生態】環境が厳しくなると争いをやめる鳥たち

Nature Communications

Ecology: When the going gets tough, these birds stop fighting

台湾産の特定の鳥類種が、不利な環境条件下で通常より協力的にふるまうことがわかった。このことは、生態学的要因が協力行動と競争行動に影響する過程、特に、今回の研究では鳥類間の社会的対立を低減させる過程を明らかにしている。この研究結果は、今週、Nature Communicationsで発表される。

カンムリチメドリの場合には、血縁関係のない個体が集団巣で生活している。今回、S-F Shenたちは、カンムリチメドリの繁殖群を数年間観察した。この集団巣では、産卵期になると雌どうしが巣への出入りを激しく争うことがある。Shenたちは、今回の観察結果とゲーム理論のモデルによる予測の組合せに基づき、カンムリチメドリが降水量の多い時期、つまり、鳥類にとって不利な生態学的条件のある場合に協力的になるという見解を示している。今回の研究によって得られた知見は、理想的とはいえない環境条件の場合に協力的な戦略をとることで、ひな鳥の生存率が高まり、繁殖群のさらなる繁栄が得られることを示唆している。

A certain species of bird originating in Taiwan are more cooperative in unfavourable environmental conditions, finds a study published in Nature Communications this week. This shows how ecological factors can affect cooperative and competitive behaviour, in this case, reducing social conflict among these birds.

Sheng-Feng Shen and colleagues monitored breeding groups of Taiwan yuhinas - species of bird that live in group nests shared with unrelated members - over several years, where female group members can at times aggressively compete for access to the nest during egg laying. Observations, combined with predictions from a game-theory model, suggest that the yuhinas became more cooperative during times of high rainfall - an unfavourable ecological condition for the birds. The findings suggest that applying the cooperative strategy results in more surviving offspring and success for the breeding group, despite the less than ideal environmental conditions.

doi: 10.1038/ncomms1894

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度