Research press release

【生理】夜中にトイレに起きないですむ理由

Nature Communications

Physiology: Why we (don’t) go the toilet at night

膀胱に貯蔵できる尿の量を決めるタンパク質が体内時計によって制御されると考える見解を示した論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この新たな制御機構の発見で、膀胱の容量が夜間に増える理由を説明できるようになるかもしれない。また、高齢者や幼児など一部の人々に排尿行動の異常が見られる理由に関する新たな仮説も示された。

ヒトと齧歯類の膀胱の尿貯蔵量は、通常、覚醒時より熟睡時の方が多いが、その理由は十分に解明されていない。今回、小川修(おがわ・おさむ)の研究チームは、マウスにさまざまな明暗サイクルを与えて膀胱容量を測定し、膀胱容量が体内時計と同期して変動することを明らかにした。さらに行われた分子解析では、膀胱の筋細胞における「コネキシン43」タンパク質の産生が体内時計の分子要素によって制御され、産生量のピークが夜間にあることがわかった。そのため、コネキシン43の産生量の少ないマウスは、夜間の排尿回数が多くなり、過活動膀胱のヒトの場合と類似していた。

今回得られた知見は、夜間に排尿回数の増える患者において体内時計の撹乱があるかどうかを調べる研究の必要性を示している。ただし、小川たちは、大脳皮質の覚醒水準や腎臓での尿産生の低下などの要素も膀胱容量に影響を及ぼす点に注意すべきことを指摘している。

A protein that determines how much urine can be stored in the bladder seems to be controlled by the body’s internal clock, suggests research published in Nature Communications this week. The discovery of this novel regulatory mechanism may explain why bladder capacity increases during the night and provides a new hypothesis as to why some people, such as the elderly or small children, show unusual urination behaviours.

The reasons why humans and rodents normally store more urine in the bladder when fast asleep than when awake are not fully understood. Osamu Ogawa and his team measured the bladder capacity of mice subjected to varying cycles of light and darkness, and found that bladder capacity oscillated in synchrony with the body’s internal clock. Further molecular analyses revealed that the production of the protein connexin43 in bladder muscle cells was regulated by molecular components of the internal clock and peaked during the night. Accordingly, mice which produce less connexin43 urinated more frequently during the night − similar to people with an overactive bladder.

This finding warrants the investigation of possible disturbances in the body’s internal clock in patients with increased urination at night. The researchers caution, however, that other factors−such as impaired cortical arousal levels in the brain and urine production in the kidneys−may also affect bladder capacity.

doi: 10.1038/ncomms1812

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度