Research press release

【生態】密漁者の足取りを追う

Nature Communications

Ecology: Tracing the tracks of illegal fishing

遺伝子関連マーカーを用いて個々の魚の起源集団を突き止めることができることを示唆する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この知見は、密漁対策に有用なツールとなる可能性がある。

Illegal(違法)、Unreported(無報告)でUnregulated(無規制)な漁業(IUU漁業)は、世界の魚類資源の乱獲に大きな役割を果たしている。現行の国際規制では、漁獲証明書が必要とされ、この証明書には、欧州連合内で売買される魚類と魚加工品の原産地が記載されている。しかし、この証明書を独自に監視する方法がなく、その開発が必要とされている。

今回、E Nielsenたちは、タイセイヨウマダラ、ニシンなど4種類の水産業上重要な海産魚類種に遺伝子関連マーカー(一塩基多型)を使用したところ、93〜100%の確率で魚類の原産地を正しく判定でき、この方法が有用なことが判明した。今後、これを世界中で適用することで、密漁の追跡調査と魚類資源の原産地偽装の解消に役立てられるかもしれない。

Gene-associated markers can be used to trace individual fish back to their population of origin, suggests research published in Nature Communications this week. This finding may provide a useful tool in the fight against illegal fishing.

Illegal, Unreported and Unregulated (IUU) fishing plays a significant role in the overexploitation of global fish stock. International regulations now require catch certificates that state the origin of fish and fish products traded within the EU. However, ways to independently monitor these certificates are still needed.

Einar Nielsen and colleagues applied gene-associated markers - Single Nucleotide Polymorphisms - to four commercially important marine fish species, including Atlantic cod and herring. They found they could correctly assign 93-100% of the fish to their origin. This method could therefore prove useful and be applied worldwide to trace illegal fishing and to correct mislabelled fish stock.

doi: 10.1038/ncomms1845

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度