Research press release

【疫学】ウシ結核の正確な診断を妨げる寄生虫

Nature Communications

Epidemiology: Bovine tuberculosis undercover

広範囲に生息する家畜寄生虫に感染したウシに対して、一般的に用いられるウシ結核(BTB)の診断検査を行うと、ウシ結核を正しく検出できない場合のあることが明らかになった。この新知見は、ウシ結核に感染したウシを正確に診断できない可能性があり、このことが、現在の英国でのウシ結核根絶プログラムが功を奏していないことの一因なのかもしれないことを示唆している。この研究成果を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

ウシ結核は、欧州連合のかなり多くの国々、オーストラリアと北米で根絶されたが、英国、アイルランドとニュージーランドでは今でも流行している。英国では、ウシ結核を制圧するため、生きたウシに対して結核の検査が行われ、陽性反応の出たウシは直ちに処分される。今回、D Williamsたちは、ありふれた家畜寄生虫である肝蛭(Fasciola hepatica)に感染したウシが、一般的に用いられる免疫検査によるウシ結核の診断の妨げになることを明らかにした。Williamsたちは、疫学データと地理データを用いて、英国内の肝蛭が広範囲に生息する地域でウシ結核の診断件数が少ないことを発見した。そして、こうした地域に肝蛭が生息していないという仮定の下で計算した場合には、ウシ結核の診断件数が現在より約33%増加した。

今回の研究で得られた知見は、現在実施中のウシ結核根絶プログラムに重要な影響を与えるかもしれない。

A common diagnostic test for bovine tuberculosis (BTB) may not work properly if animals are also infected with a widespread livestock parasite, reports a paper published in Nature Communications this week. The finding suggests that not all cattle infected with BTB might be identified as such and may in part explain why the current BTB eradication campaign in the UK is failing.

BTB has been eradicated in much of the European Union, Australia and North America, but is still endemic in the UK, Ireland and New Zealand. In an effort to curb the disease in the UK, live animals are tested for tuberculosis and immediately slaughtered if found positive. Diana Williams and her team demonstrated that infection of cattle with the common livestock parasite Fasciola hepatica interferes with the diagnosis of BTB with a commonly used immunological test. Using epidemiological and geographical data, they found that diagnoses of BTB were less frequent in areas in the UK were Fasciola hepatica is widespread. The researchers calculated that up to one third more BTB cases could be diagnosed in these areas in the hypothetical absence of the parasite.

These findings could have implications for ongoing BTB eradication programmes.

doi: 10.1038/ncomms1840

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度