Research press release

【電子工学】磁壁運動の電界制御

Nature Communications

Electronics: Domain walls go electric

ナノワイヤーにおける磁壁運動を電界制御できることを報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この知見により、スピントロニクスデバイスにおける磁壁運動を非常に低い電力コストで制御することに道が開かれた。

磁壁の運動を制御することは、高速スピントロニクスデバイスの開発に重要な意味をもっている。これまでのところ、研究の重点は、磁場や電流の印加による磁壁運動の制御に置かれていた。今回、S Schellekensたちは、電場の印加を用いる別の方法を実証した。この新知見によって、低い消費電力で、制御された形での磁壁の伝搬が可能となった。

この方法が現実世界のデバイスに利用できるかどうかを見極めるには、今後の研究の展開が必要だ。

The motion of domain walls in nanowires can be controlled with an electric field, reports a study published this week in Nature Communications. This finding opens up the way for controlling the domain wall motion in spintronic devices at a very low power cost.

Controlling the movement of domain walls is important for the development of fast spintronic devices. So far, the emphasis has been achieving this through the application of magnetic fields or electric currents. Sjors Schellekens and co-workers demonstrate an alternative approach based on the application of an electric field. This finding allows the domain walls to be propagated in a controlled manner and with a low power consumption.

Further work is needed in order to determine whether this method could be used in real world devices

doi: 10.1038/ncomms1848

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度