Research press release

【がん】放射線療法に耐性を有するがん細胞の特性

Nature Communications

Cancer: Resistance to radiation

マウスの研究で、放射線療法後も生き残るがん細胞を追跡調査する方法について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この新知見は、マウスの体内で生き残るがん細胞の研究を可能なものとし、放射線耐性がん細胞をもつ患者の治療法にも役立つ可能性がある。

固形腫瘍は、その中心部に酸素供給量の少ない(低酸素状態の)領域があり、この領域が放射線療法に対する耐性に関連すると考えられてきた。今回、原田浩(はらだ・ひろし)たちは、低酸素組織に関連するとされてきたHIF1α転写因子の有無によって細胞を標識した。そして、マウスにおいて、放射線耐性がん細胞を同定し、放射線療法後も生き残るがん細胞は、当初、HIF1α陰性だが、後にHIF1αの濃度が高いレベルに達することも明らかにした。また、このがん細胞が、生き残った腫瘍の血管に移動することもわかった。

今回の研究は、放射線耐性がん細胞の分子特性に関する新たな情報をもたらし、HIF1αを発現する細胞を標的とする戦略が、このがん細胞をもつ患者の治療に適している可能性を示唆している。

A method for tracking cancer cells that survive radiation treatment in mice is reported in a study published in Nature Communications this week. These findings permit the study of the surviving cells in mice and may aid in the treatment of the resistant cells.

Solid tumours are known to have areas in their centre that have a low oxygen supply - hypoxia - and this has been associated with the resistance to radiation treatment. Hiroshi Harada and colleagues tag cells based on the presence or absence of a transcription factor HIF1alpha that has been associated with hypoxic tissues. They identify cancer cells that are resistant to radiation treatment in mice and show that these surviving cells are initially negative for HIF1alpha but later acquire high levels of this protein. They also show that these cells move towards blood vessels in the surviving tumour.

Their findings reveal more information about the molecular features of the cells that are resistant to radiation and suggest that targeting cells that express HIF1alpha may be an appropriate strategy for treating radiation resistant cancer.

doi: 10.1038/ncomms1786

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度