Research press release

【神経科学】裁判員の同情が量刑に影響することとその神経機構

Nature Communications

Neuroscience: Trial by sympathy

裁判員は、量刑を決める際に刑罰の軽減事由を考慮するが、そのとき、道徳的葛藤に関連する脳領域が活性化することがわかった。この新知見は、被告人に対する刑罰の程度が、その犯罪が行われた当時の事情に左右される可能性を示唆している。今回の研究は、裁判員の意思決定過程の解明に役立ち、感情に訴える証拠が裁判で果たしうる役割と果たすべき役割をめぐって活発化している論争にも寄与する可能性がある。研究の詳細を報告する論文は、Nature Communicationsに掲載される。

我々の意思決定過程にとって、特定の脳回路が活性化することが非常に重要で、こうした意思決定の内容は、さまざまな感情状態によって影響を受けることが多い。同情のような向社会的感情が意思決定に影響することは、これまでの研究で明らかになっているが、同情が法的結果にどのように反映されるのかという点に関する認知的、神経学的な直接証拠は得られていない。

今回、山田真希子(やまだ まきこ)たちは、実際に日本で起きた殺人事件に基づいた脚本に沿った模擬裁判を行った。それぞれの事件で、裁判員役の被験者には、刑罰を軽減できる事情が示され、この事情には、同情を引き起こすものとそうでないものが混在していた。それぞれの事件後、被験者は、自分が感じた同情のレベルを評価した。この実験で、山田たちは、同情の評価レベルが高かった事件と脳の道徳的葛藤領域(例えば、背内側前頭前野と楔前部)の活性化が相関していることを見出し、被験者が量刑を下げる意思決定を行ったとき、このことが被験者の行動に影響を与えたことを明らかにした。

今回の研究では、同情と量刑の軽減との密接な関連性を示す神経学的証拠が明らかになった。そして、この関連性は、法廷状況での行動に反映された。ただし、今回の研究で得られた知見が、裁判所での刑罰軽減事由に関するガイドラインが異なる国の陪審員においても再現できるのかどうかは、今後の研究に待つこととなる。

Brain regions related to moral conflict are activated when jurors, who are deciding on the severity of a sentence, are presentenced with mitigating circumstances. The finding, reported in Nature Communications, suggests that the severity of a sentence given to criminals may depend on the circumstances under which the crime was committed. The work may help the legal system understand how potential jurors make decisions, and contributes to the growing debate about what role emotional evidence can and should have in trials.

The activation of unique brain circuits is crucial to how we make decisions. These decisions are often affected by different emotional states. Prosocial emotions, such as sympathy, have been shown to affect decision making, however there is currently no direct cognitive and neural evidence for how sympathy is translated into legal outcomes.

Makiko Yamada and colleagues exposed volunteers acting as jurors to scenarios adapted from actual murder cases in Japan. During each case they were presented with mitigating circumstances, some that would induce sympathy and some that would not. After jurors rated each case for level of sympathy felt, the team noted that high sympathy ratings correlated with the activation of moral conflict regions of the brain, such as the dorsomedial prefrontal cortex and precuneus. They show that this subsequently affected behaviour when it came to making hypothetical sentence reduction decisions.

This work uncovers neural evidence for a close relationship between sympathy and mitigation, which then translates into behaviour in a courtroom situation. It is, however, yet to be studied whether these findings are replicated in jurors from nations where guidelines related to mitigating circumstances in a court of law differ.

doi: 10.1038/ncomms1757

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度