Research press release

古生物学:古代生物の彩りを示す証拠

Nature Communications

Palaeontology: Evidence that could colour the past

皮膚、体毛、羽毛や眼に含まれるメラニン色素が、始新世初期の化石魚類の眼に含まれていることを示す証拠が、今週、Nature Communicationsに掲載される論文に示されている。これまでの研究で、メラニンを含むと考えられる細胞小器官の化石が報告されており、そこから古代の生物種の色に関する仮説が導き出されているが、この細胞小器官の化石は、形状と大きさが細菌の細胞小器官の化石に似ているため、その正体を確認するためには決定的な証拠が必要とされる。

羽毛、体毛や眼の化石は、マイクロメートル大の構造体の炭化痕跡として保存されているが、これは細菌の残骸だと考えられていた。しかし、今では、この構造体がメラノソーム(メラニン色素を含む、色のついた細胞小器官)だとも解釈されており、化石生物の羽毛色のパターンを再現する可能性に道が開けた。そのため、この細胞小器官の由来を明確にすることが非常に重要な課題になっている。

今回、J Lindgrenたちは、二次イオン質量分析技術を用い、デンマークで出土した始新世初期の化石魚類の眼から単離された微小体を調べた。その結果、メラノソームに似た微小体に関連して、分子的に保存されたメラニンの存在が明らかになった。今回の研究は、化石材料に含まれる色素の解明を進めるうえで役立つ。

Evidence of melanin - pigments found in skin, hair, feathers and eyes - in a fossil fish eye from the early Eocene, is reported in a study published in Nature Communications this week. Supposed fossil organelles containing melanin have previously been reported and have led to claims about the possible colour of ancient species but, because their shape and size are similar to those of bacteria, conclusive evidence is required to confirm their identity.

Fossil feathers, hairs and eyes can be preserved as carbonised traces of micrometre-sized structures, which were thought to be the remains of bacteria. However, these structures have now also been interpreted as melanosomes - colour-bearing organelles containing melanin - opening up the possibility to reconstruct fossil plumage colour patterns. A clear identification of the source of these organelles is therefore crucial.

Johan Lindgren and colleagues used ion mass spectroscopy study microbodies isolated from a fossil fish eye from the early Eocene of Denmark. They found a presence of molecularly preserved melanin in association with melanosome-like microbodies. The work helps expand our knowledge of pigments in fossil material.

doi: 10.1038/ncomms1819

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度