Research press release

【太陽電池】高度にフレキシブルな有機太陽電池

Nature Communications

Solar cells: Organic solar cells go full stretch

厚さが2マイクロメートル未満のフレキシブル有機太陽電池について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この研究成果は、将来のフレキシブルな電子デバイスの設計に重要な意味を持つ可能性がある。

プラスチックのような有機材料で作られる電子機器は、柔軟性があり、生物系、繊維や可動機械部品に利用できるため魅力がある。今回、M Kaltenbrunnerたちは、マイクロメートルの薄さの高分子基質を用いて、フレキシブル有機太陽電池を作製した。この太陽電池は、繰り返し引き伸ばされても性能を維持し、その電力変換効率は、ガラス製の太陽電池と同等だ。

A flexible organic solar cell less than two micrometres thick is reported this week in Nature Communications. This could have implications for the design of future flexible electronic devices.

Electronics made of organic materials such as plastic are appealing because of their flexibility and their ability to be used in biological systems, textiles and moving machine parts. Martin Kaltenbrunner and colleagues fabricate a flexible organic solar cell based on a micrometer-thin polymer substrate. The solar cells maintain their performance after being stretched repeatedly, and display a power conversion efficiency equal to their glass counterparts.

doi: 10.1038/ncomms1772

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度