Research press release

【疾患】BACE1がアルツハイマー病の治療標的に

Nature Communications

Disease: Hitting the BACE in Alzheimer’s disease

可溶性のアミロイド前駆体タンパク質が、特殊な酵素と相互作用して、他のもっと有害なアミロイドタンパク質の蓄積を減らすことができることを報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。今回の研究は、ある独特な均衡作用に関する新知見をもたらしており、この作用が不全状態になることが多く、それがアルツハイマー病の発症に寄与することを明らかにしている。アミロイド前駆体タンパク質のプロセシングは、時々、不調になって、疾患を引き起こすアミロイドペプチドの過剰産生が起こることがある、アミロイドペプチドが蓄積すると、アルツハイマー病と一般的に関連するプラークが発生する。可溶性のアミロイド前駆体タンパク質種sAPP-αは、この過程を阻害し、アルツハイマー病の発症を防いでいる。

今回、J Tanたちは、疾患を引き起こすアミロイドタンパク質を発現するように作製されたチャイニーズハムスターの卵巣細胞にsAPP-αを投与し、その効果を調べた。その結果、sAPP-αの投与によって、チャイニーズハムスターの体内で産生される有害なアミロイドタンパク質の量が減ることが判明した。そして、Tanたちは、アルツハイマー病様の病状を見せるトランスジェニックマウスを遺伝的に操作して、sAPP-αの過剰発現を起こした。その結果、sAPP-αの過剰発現によって、特殊なセクレターゼ酵素BACE1の活性を阻害することで、アミロイドプラークの量が減ることがわかった。

Tanたちは、BACE1の活性を阻害する薬剤とsAPP-αを模倣する薬剤の開発が、アルツハイマー病の治療に有益な可能性があるという見解を示している。

Soluble amyloid precursor proteins can interact with specialized enzymes to reduce the accumulation of other, more harmful amyloid proteins reports a paper in Nature Communications this week. The study provides new insight into a unique balancing act that can often fail, contributing to the development of Alzheimer's disease. Amyloid precursor protein processing can sometimes go awry, leading to over-production of disease causing amyloid peptides. Accumulation of these peptides leads to the plaques that are commonly associated with Alzheimer's disease. A soluble amyloid precursor protein species known as sAPP-alpha acts against this process, preventing the onset of Alzheimer's disease.

Jun Tan and colleagues investigate the effects of administering sAPP-alpha to Chinese hamster ovary cells that are engineered to express disease causing amyloid proteins. They find that it reduces the amount of harmful amyloid proteins that are produced within the hamsters. They then go on to genetically manipulate transgenic mice with Alzheimer's disease-like pathology so that they also overexpressed sAPP-alpha They find that overexpressing sAPP-alpha decreases the level of amyloid plaques by interfering with the activity of a special secretase enzyme known as BACE1.

The authors suggest that the development of drugs which interfere with BACE1 activity as well as drugs which mimic sAPP-alpha could be beneficial in treating Alzheimer's disease

doi: 10.1038/ncomms1781

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度