Research press release

【代謝】エネルギー代謝に対する食餌の影響

Nature Communications

Metabolism: How diet affects energy metabolism

食餌の栄養素がエネルギー代謝に影響する過程を説明するための新たな機構を示した論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。今回の研究で、ある特定のタンパク質が、エネルギー代謝に関与する遺伝子の調節因子で、栄養素に対する感受性があり、代謝性疾患の新たな治療法につながる可能性のあることが明らかになった。

リジン特異的デメチラーゼ1(LSD1)は、DNAパッケージングタンパク質を化学修飾することで遺伝子の活性を阻害することが知られており、そのために遺伝情報の読み出しが難しくなっている。今回、中尾光善(なかお・みつよし)たちは、LSD1がエネルギー代謝と脂肪酸代謝に関与する遺伝子の活性を特異的に調節することを発見した。また、肥満マウスの脂肪組織においてLSD1に調節される遺伝子の活性が著しく低下したが、LSD1阻害薬の投与で、その遺伝子の活性が上昇したことも判明した。以上の結果は、この機構が、体内細胞が食餌中の栄養素に対する代謝的適応に関与していることを示唆している。

中尾たちは、LSD1阻害薬が代謝性疾患の治療に役立つ可能性を示している。

A novel mechanism for explaining how nutrients in the diet affect the energy metabolism in revealed in a paper published in Nature Communications this week. The study, which shows that a specific protein is a nutrient-sensitive regulator of genes involved energy metabolism, could potentially lead to new treatments of metabolic diseases.

Lysine-specific demetyhlase-1 (LSD1) is known to inhibit the activity of genes by chemically modifying DNA-packaging proteins, which makes it more difficult to read out genetic information. A team of Japanese researchers led by Mitsuyoshi Nakao discovered that LSD1 specifically regulates the activity of genes involved in energy and fatty-acid metabolism. They also found that the activity of genes controlled by LSD1 was markedly reduced in fat tissue of obese mice, but could be increased when mice were treated with drugs that inhibit LSD1. The results suggest that this mechanism is involved in the metabolic adaptation of cells in the body to nutrients in the diet.

The authors say that drugs that inhibit LSD1 could be useful for the treatment of metabolic disorders.

doi: 10.1038/ncomms1755

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度