Research press release

プリオンの感染性を迅速かつ確実に測定する方法

Nature Communications

Measuring prion infectivity quickly and reliably

プリオンの感染性を測定する方法の比較研究が行われ、時間のかかる従来の技術を代替しうる、効率的で費用効果の高い方法が明らかになった。2つの広く知られたプリオン感染性測定技術を1対1で比較した研究は今回が初めてだ。その詳細を報告する論文は、Nature Communicationsに掲載される。 プリオンは、ヒツジのスクレイピーやヒトのクロイツフェルト・ヤコブ病(狂牛病と呼ばれることもある)を引き起こす感染性病原体だ。プリオンの感染性を推定するための従来の方法では、さまざまな濃度のプリオンタンパク質の希釈溶液を動物に注射する。この方法の大きな欠点は、動物の発病を確認するまでに最長数年間待たなければならないことだ。これに対して、もう一つの広く用いられているprotein misfolding cyclic amplification with beads(PCMAb)という方法では、数日で結果が得られる。今回、I Baskakovたちは、改良型のPCMAbと従来の方法を比較した。この比較の結果、PCMAbの方が迅速かつ高精度で、従来技術で検出不可能だった感染性の低い試料についても感染性を検出できることが判明した。 また、Baskakovたちは、PCMAbが実験動物を使わないため、倫理性の点でも従来の方法より優れていることも指摘している。

A comparison of methods used to measure the infectivity of prions reveals an efficient and cost-effective alternative to time-consuming conventional techniques. The work, reported in a paper published in Nature Communications represents the first side-by-side comparison of two widely known techniques for measuring prion infectivity. Prions are the infectious agents that cause scrapie in sheep or Creutzfeldt-Jakob disease - sometimes know as mad cow’s disease - in humans. The traditional method for estimating prion infectivity involves the injection of various dilutions of prion proteins into animals. The major drawback of this method is that a waiting time of up to several years is needed to see which animals develop the disease. A widely used method called protein misfolding cyclic amplification with beads (PCMAb) can deliver results within days. Ilia Baskakov and his team compared a modified version of PCMAb with the conventional method. This comparison revealed that PCMAb can not only be faster but also more precise, as PCMAb detected samples with low infectivity that were undetectable with the traditional techniques. The authors also note that PCMAb has ethical advantages over conventional methods as the technique does not involve animals.

doi: 10.1038/ncomms1730

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度