Research press release

【疾患】痛風の新しい分類法

Nature Communications

Disease: Knowing which gout you’ve got

痛風の新しい分類を提案する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この論文には、痛風に伴う関節の炎症の原因である尿酸の排泄低下の機構が記述されており、この過程には、尿酸排泄トランスポーターチャネルの異常が関与していることが示されている。痛風のサブタイプの分類を変更することで、異常な尿酸値の原因を正確に解明でき、これまでより効果的な治療法の開発につながる可能性がある。

痛風によくみられる特徴の一つが、高尿酸血症(血中尿酸値が高い)で、この疾患は、尿酸の産生過剰、腎尿酸排泄の低下、この両者の組み合わせ、と臨床的に分類されている。尿酸クリアランスは、その大部分が腎臓によるものだが、市田公美(いちだ・きみよし)たちは、痛風の分類において他の排泄経路も考慮すべきだという考え方を示している。今回の研究で、市田たちは、腎外での尿酸排泄の低下を尿酸産生過剰型高尿酸血症と分類するのは誤りであることを明らかにし、高尿酸血症については、腎外尿酸排泄の低下を含めて分類し直すことを提言した。

市田たちは、ヒトの高尿酸血症患者と高尿酸血症のマウスモデルにおいて、尿酸排泄トランスポーターABCG2の異常と腎外尿酸排泄の低下とが結びついていることを見出した。したがって、ABCG2は、尿酸値を下げる治療法における標的となる可能性がある。

A new classification for gout is proposed in an article published in this week’s Nature Communications. The work describes a mechanism for reduced removal of urate - the culprit for joint inflammation associated with gout - implicating a dysfunctional urate exporter channel in this process. Reclassification of disease subtypes may enable accurate identification of the cause of abnormal level of urate and could provide a more effective therapeutic strategy.

A common feature of gout is hyperuricemia (elevated blood urate levels) that is clinically classified as either urate overproduction, underexcretion by the kidneys, or a combination of both. Although the kidneys are responsible for most of the urate clearance, Kimiyoshi Ichida and colleagues suggest that other excretion pathways should also be considered when classifying the disease. They show that reduced extra-renal removal of urate is misclassified as overproduction type hyperuricemia and recommend that the hyperuricemia types should be reclassified to include extra-renal underexcretion.

The authors find a link between a dysfunctional urate exporter called ABCG2 and decreased extra-renal urate excretion in human patients with hyperuricemia and mouse models of the disease. ABCG2 may, therefore, represent a potential target for urate-lowering treatments.

doi: 10.1038/ncomms1756

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度