Research press release

【幹細胞】死体から採取された筋幹細胞

Nature Communications

Stem cells: Post mortem derived muscle stem cells

死亡から最大17日後のヒトの死体から骨格筋幹細胞を単離できることが判明した。この幹細胞は、幹細胞の生物学的研究にとって有用な資源となる。研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

これまで、死後2日の死体から幹細胞が単離されたことがあったが、今回、F Chretienたちは、死後17日のヒトの死体と死後最大14日のマウスの死体から骨格筋幹細胞を単離した。そして、これらの幹細胞が培養条件下で生存し、自己複製するために、低濃度の酸素が必要なことが判明した。また、死後4日のマウスから単離された幹細胞が、筋肉損傷のマウスモデルにおける筋繊維の再生に寄与する可能性も明らかになった。この新知見により、死体から単離された幹細胞を利用して、実験室での幹細胞の生物学的研究と自己複製機序の研究ができるようになるだろう。

Skeletal muscle stem cells can be isolated from humans up to 17 days after death reports a study published in Nature Communications this week. These cells provide a resource for studying stem cell biology.

Stem cells have been previously isolated from 2 day old cadavers, however in this study Fabrice Chretien and colleagues extracted skeletal muscle stem cells from humans 17 days after death and from mice up to 14 days after death. They found that, in culture, the cells required low levels of oxygen for survival and self-renewal. Cells isolated from mice 4 days after death could also contribute to regenerating fibres in a mouse model of muscle damage. These findings will permit the use of these cells for the study of mechanisms of self-renewal and stem cell biology in the laboratory.

doi: 10.1038/ncomms1890

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度