Research press release

【植毛】マウスに移植した毛包が周辺の組織とつながった

Nature Communications

Hair replacement: Connecting the follicle in mice

毛のないマウスに移植された毛包が、筋肉や神経繊維などの周辺組織と結合したことを報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この研究は、幹細胞から生成した毛包細胞を移植する技術を前進させる可能性がある。

歯、唾液腺、毛包といった器官については、すでに人工器官が作製されている。辻孝(つじ・たかし)たちは、すでに胚性毛包幹細胞から毛包と毛幹を再生することに成功しているが、今回は、同じ出発組織と成体の毛包に由来する幹細胞を用いて、生物工学によって作られた毛包原基を無毛マウスに移植して、機能しうる毛包を生成できることを明らかにした。こうして移植された毛包は、周囲の皮膚層、筋肉や神経繊維と結合し、刺激に応答して逆立った。また、移植された毛包が、正常な毛周期を起こすことも明らかになった。

今回の研究成果によって、毛包移植の理解がさらに進んだ。

Hair follicles transplanted into a hairless mouse, which form connections with the surrounding tissue including muscle and nerve fibres are reported in a study published in Nature Communications this week. The work could further enhance the ability to transplant hairs generated from stem cells.

Organs such as teeth, salivary glands and hair follicles have been previously engineered. Takashi Tsuji and colleagues previously reported that a hair follicle and its shaft can be regenerated from embryonic follicle stem cells. Using similar starting tissue, and also adult hair follicle-derived stem cells, they now show that the bioengineered hair follicle germs can be transplanted into hairless mice and form functional hair follicles. The hair follicles can connect with the surrounding skin layer, muscles and nerve fibres and in response to a stimulus can stand on end. The transplanted follicles can also undergo normal hair cycling.

The findings further our understanding of hair follicle transplantation.

doi: 10.1038/ncomms1784

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度