Research press release

【進化】淡水ザリガニの下顎は哺乳類の歯のエナメル質に似たもので覆われている

Nature Communications

Evolution: Crayfish teeth bite back

淡水ザリガニの歯は、哺乳類の歯のエナメル質に似たコーティングで覆われていることが明らかになった。こうした哺乳類の歯のエナメル質との類似性は、脊椎動物と甲殻類との間の収斂進化の珍しい一例といえる。その詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

無脊椎動物と脊椎動物の骨と歯の組成は、一般的に非常に大きく異なっている。今回、B Aichmayerたちは、淡水ザリガニの下顎の材質の組成と特徴を詳しく調べ、その下顎が、哺乳類の歯のエナメル質に似て硬質で耐水性のアパタイト層によって覆われていることを明らかにした。脊椎動物と無脊椎動物との間の遺伝的距離を考えると、今回の研究で得られた知見は、収斂進化の特異な一例を示すものと考えられる。

The teeth of freshwater crayfish are covered by an enamel-like coating similar to that of mammals, discovers a study published in Nature Communications this week. The similarity with mammalian enamel may be a unique example of convergent evolution between vertebrates and crustaceans.

The compositional makeup of skeletons and teeth in invertebrates and vertebrates is generally very different. Barbara Aichmayer and co-workers perform a detailed investigation of the material composition and properties of freshwater crayfish mandibles, and show that they are covered by a hard and water-resistant layer of apatite similar to mammalian enamel. Given the genetic distance between vertebrates and invertebrates, this finding suggests an unusual case of convergent evolution.

doi: 10.1038/ncomms1839

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度