Research press release

黒色腫治療薬に対する耐性を仲介するがん遺伝子の増幅

Nature Communications

Oncogene amplification mediates resistance to melanoma drugs

B-RAF阻害薬「ベムラフェニブ」に耐性のある一部の黒色腫患者にB-RAFの増幅が見られることを報告する研究論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。今回の研究は、こうした黒色腫患者における腫瘍の薬剤耐性機構に関する手がかりをもたらし、新たな薬剤耐性黒色腫の治療方法を示唆している。 B-RAFキナーゼは、大部分の黒色腫で変異しており、B-RAF阻害剤(例えば、ベムラフェニブ)が黒色腫の治療薬として開発されてきた。ところが、一部の患者がB-RAF阻害剤に対する耐性をもつようになり、黒色腫が再発している。今回、R Loたちは、20人の黒色腫患者を対象として、ベムラフェニブに対する耐性を形成する前後での遺伝子の塩基配列解読を行い、そのうちの6人において、変異したB-RAF遺伝子のコピー数が増えたことを明らかにした。また、これらの患者に由来する細胞株からは、下流のキナーゼERKの活性化が亢進していることが明らかになった。また、Loたちは、培養した黒色腫細胞をベムラフェニブとERK活性化を遮断する低分子で処理した場合、両者が協働して黒色腫細胞の増殖を抑制する作用があることを実証した。 これらの新知見は、この二重の阻害が、薬物耐性のある黒色腫の治療に有用な方法となりうることを示唆している。

Some melanoma patients resistant to the B-RAF inhibitor drug vemurafenib harbour amplifications in B-RAF reports a study published in Nature Communications this week. The work sheds light on the mechanisms of tumour resistance for these melanoma patients and suggests an alternative way of treating resistant melanomas. The kinase B-RAF is mutated in a large proportion of melanomas and B-RAF inhibitors, for instance vemurafenib, have been developed to treat melanoma. Unfortunately, a proportion of patients develop resistance to the drug and relapse. By sequencing the genes of 20 patients before and after developing vemurafenib resistance, Roger Lo and colleagues found that 6 of the patients showed increased copy number of the mutant B-RAF gene. Cell lines derived from these patients also showed an increase in the activation of the downstream kinase ERK. The authors demonstrate that treatment of the cancercells in culture with both vermurafenib and small molecules that block ERK activation, worked together to reduce cell growth. These findings suggest that this dual inhibition may be a useful way of treating resistant melanomas.

doi: 10.1038/ncomms1727

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度