Research press release

ダイヤモンド中のキュービットの電荷状態を制御する

Nature Communications

Charging up qubits in diamonds

ダイヤモンド中の窒素空孔中心は、量子コンピューターにおけるキュービットの生成にとって重要な領域と考えられているが、この窒素空孔中心の電荷を操作する方法が、今週、Nature Communicationsに掲載される論文で発表される。これは、電池に用いられる電解質に似た電解質を使用する方法で、量子コンピューターの実用化に向けた一歩前進となった。 ダイヤモンド中の窒素空孔中心における電子スピンは、量子コンピューターのキュービットの有望な候補と考えられている。ところが、その電荷状態が不安定であるために、大規模な量子プロセッサーでの利用にとって障害となっている。今回、J Garridoたちは、電解質をゲート電極として用いて、窒素空孔の電荷状態を操作する方法を発表した。Garridoたちは、電解質を通して電圧を印加することで、窒素空孔中心のスピン状態を確実に制御することに成功した。 この電子スピンはキュービットとして利用しうるため、今回の研究結果は、量子コンピューターにとって重要な意味を持つ可能性がある。

A method for manipulating the charge of nitrogen vacancy-centres in diamond - which are thought to be important areas in the creation of qubits in quantum computers - is reported in Nature Communications this week. The approach, which relies on the use of electrolytes similar to those used in batteries, is a step towards achieving more practical realizations of quantum computers. Electron spins at nitrogen vacancy-centres in diamond are thought to be promising candidates for qubits in quantum computers. However, their unstable charge states are an obstacle to their successful use in large-scale quantum processors. Jose Garrido and colleagues present a method for manipulating the charge state of nitrogen vacancies using an electrolytic gate electrode. By applying a voltage through the electrolyte, they are able to reliably control the spin state of the centres. Because of their potential as qubits, these results could have important implications for quantum computing.

doi: 10.1038/ncomms1729

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度