Research press release

紫外波長の発光が可能な無機LED

Nature Communications

Inorganic LEDs enter ultraviolet regime

紫外波長域の光を発する無機発光ダイオードを作り出す方法について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この研究は、生物医学デバイスの能動部品として使えるナノ構造システムの作製に向けた一歩前進を意味している。 無機ナノ結晶を利用した発光ダイオードは、低コスト、ロバストで、化学的に安定であることから、環境診断や生物医学診断向けに有望だと考えられている。しかし、これまでの発光ダイオードは紫外波長の発光ができず、普及が阻まれていた。今回、S Brovelliたちは、この問題を克服する作製方法を明らかにし、さまざまなデザイナー用途での発光ダイオードの集積に道を開いた。

A method for creating inorganic LEDs emitting light in the ultraviolet range is reported in Nature Communications this week. The work represents a step towards generating nanostructured systems that can be used as active components in biomedical devices. Light emitting diodes based on inorganic nanocrystals are considered to be promising for use in environmental and biomedical diagnostics, since they are cheap, robust and chemically stable. However, their widespread use has been hampered as they do not emit ultraviolet light. Sergio Brovelli and colleagues present a fabrication process that overcomes this problem, and opens the way for their integration in a variety of designer applications.

doi: 10.1038/ncomms1683

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度