Research press release

脂質生産性藻類のゲノム塩基配列解読

Nature Communications

Genome sequence of lipid-producing algae

脂質生産性藻類の一種Nannochloropsis gaditanaの概要ゲノム塩基配列を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この新知見は、バイオ燃料の生産への利用が期待されるN. gaditanaの脂質生産につながる生合成経路に関するさらなる手がかりとなった。 現在、Nannochloropsis類の数種がバイオ燃料の生産に利用されているが、この生物種を操作して脂質生産を向上させることは難しかった。今回、M Posewtizたちは、N. gaditanaの概要ゲノム塩基配列を解読し、グリセロ脂質の形成に関与する遺伝子を同定した。また、Posewtizたちは、この藻類株のための遺伝的形質転換法も実証し、これによって実験室でのさらなる操作が可能となる。 今回得られた知見は、ノックアウトや過剰発現の標的となりうる重要な遺伝子を今後新たに同定するうえで役立ち、バイオ燃料に利用するためのもっと効率的な脂質の生産にも役立つ可能性がある。

The draft genome sequence of the lipid-producing algae Nannochloropis gaditana is reported in a study published in Nature Communications this week. These findings provide further insight into the biosynthetic pathways of this algae that result in lipid production, which could be exploited for biofuel production. Several species of Nannochloropis are being exploited for biofuel production; however it is difficult to manipulate these organisms to enhance lipid production. Matthew Posewtiz and colleagues report the draft sequence of Nannochloropis gaditana and identify genes involved in the formation of glycerolipids. The researchers also demonstrate a genetic transformation method for this strain, which will allow further manipulation of the algae in the laboratory. These findings may aid in the further identification of key genes that could be targeted for knockout or over-expression and aid in the more efficient of lipids for use in biofuels.

doi: 10.1038/ncomms1688

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度