Research press release

風向きでマラリア伝播地域を突き止める

Nature Communications

Using wind direction to spot malaria transmission sites

マラリアを媒介するハマダラカの繁殖地の中でも、マラリア多発地域に近接し、その風下側にある繁殖地を狙い撃ちすることでマラリアの伝播を阻止できる可能性が浮上した。マラリア伝播を持続させるマラリア多発地域は、空間的疫学研究によって同定されており、したがって、こうした多発地域を狙い撃ちすることは、有効なマラリア防除法となる。しかし、幼虫の繁殖地の探索には多大な労力が必要となることがある。今回の研究は、幼虫の繁殖地の風上側の地域の方がマラリア原虫感染のリスクが高いと予測することで、繁殖地の捜索範囲を絞り込むうえで役立っている。詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 今回、J Midegaたちは、ケニアのキリフィ地区で、ハマダラカ幼虫の繁殖地の空間的位置と農村部の子どもたちにおけるマラリア発生との関連を調べた。幼虫の繁殖地に最も近い世帯は、マラリアのリスクが高いことが知られている。Midegaたちは、雌のハマダラカが産卵後にヒト宿主を探して風上に向かって飛翔することを発見し、マラリア多発地域に近く、その風下側にあるマラリア媒介性ハマダラカ幼虫の繁殖地を狙い撃ちすることでマラリア防除の効果を高められる可能性があると結論づけた。

Malaria transmission may be disrupted by targeting the Anopheles mosquito vector breeding sites close to and downwind of malaria hotspots finds a study in Nature Communications this week. Spatial epidemiology studies identify malaria hotspots, which sustain malaria transmission, and targeting these hotspots is therefore an effective method of malaria control. But searches for the larval sites can be labour intensive. This study helps narrow down the search by predicting that homesteads upwind of larval sites are at greater risk of malarial infection. Janet Midega and colleagues studied the association between the spatial location of Anopheles larval sites and the occurrence of malaria in children in a rural area of the Kilifi District in Kenya. Households located closest to larval sites are known to be at greater risk of malaria. The team found that after laying their eggs, female Anophelines fly upwind in search for human hosts and they conclude that targeting vector larval sites in close proximity and downwind to malaria hotspots may therefore lead to more successful malaria control.

doi: 10.1038/ncomms1672

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度