Research press release

超高速加熱だけで磁化反転は起こる

Nature Communications

Turning up the heat

磁化の反転を引き起こすための刺激は、熱だけでも十分なことが、磁性材料における超高速スイッチングを調べる研究で明らかになった。この結果は、磁気記録と情報処理の速度についての基本的限界を導き出すうえで重要な意味をもっている。この研究結果を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。 磁化反転とは、外部磁場のような方向性のある刺激によって駆動される過程だと一般的に考えられている。熱は方向性を持たないが、今回、T Ostlerたちが、ガドリニウム、鉄、コバルトから構成される合金において、熱によっても磁化反転が生じることを明らかにした。こうした磁化反転の発生機構は、超高速レーザーパルスを照射するだけで誘発でき、磁気記録媒体の高記録密度化とデータ転送速度の高速化をもたらす可能性を秘めている。

A study of ultrafast switching in a magnetic material has demonstrated that heat alone is a sufficient stimulus for achieving a reversal of the magnetization. The results, published this week in Nature Communications, are relevant for establishing the fundamental limits on the speed of magnetic recording and information processing. Magnetization reversal is a process that has generally been thought to be driven by a directional stimulus, such as an external magnetic field. Thomas Ostler and colleagues show that heat - which has no associated directionality - can also give rise to a magnetization reversal in an alloy consisting of gadolinium, iron and cobalt. The mechanism, which can be induced by simply applying an ultrafast laser pulse, could lead to higher recording densities and increased data rates in magnetic recording media.

doi: 10.1038/ncomms1666

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度