Research press release

パーキンソン病患者由来の幹細胞を治療法開発研究に役立てる

Nature Communications

Stem cells from Parkinson’s disease patients

パーキンソン病患者の皮膚細胞から作製した多能性幹細胞を用いた研究の成果が明らかになった。こうした幹細胞の作製は、実験室でパーキンソン病を詳しく研究するための有用な手段といえる。詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 J Fengたちは、Parkin遺伝子に変異のある2人の患者の皮膚から繊維芽細胞を採取した。Parkin遺伝子は、劣性遺伝性パーキンソン病において変異が見られる遺伝子だ。Fengたちが、この繊維芽細胞を再プログラム化して誘導多能性幹細胞を作製し、この幹細胞を中脳ドーパミン作動性ニューロンに分化させたところ、このニューロンには、酸化ストレスの特徴とドーパミンの放出と取り込みの異常が見られた。そして、Fengたちは、このニューロンに野生型Parkinタンパク質を導入することで、このニューロンの「表現型」(観察可能な特徴と形質)を救済できることを発見した。 こうした細胞を作製することは、パーキンソン病研究を促進し、この疾患の治療に利用しうる化合物のスクリーニングにも役立つ可能性がある。

Pluripotent stem cells can be generated from Parkinson’s disease skin cells reports a paper published in Nature Communications this week. These findings provide a tool for studying Parkinson’s disease more closely in the laboratory. Jian Feng and colleagues took skin cells called fibroblasts from two patients carrying a mutation in the gene Parkin - a gene that is mutated in recessively inherited Parkinson’s disease. They reprogrammed the cells into pluripotent stem cells and then differentiated the cells into neurons resulting in dopaminergic midbrain neurons that showed features of oxidative stress and defects in dopamine release and uptake. The team found that the phenotype - or the observable characteristics and traits - of the cells could be rescued by adding the wild type protein back to the cells. These cells could be used to facilitate the study of Parkinson’s disease and may be useful for the screening of compounds which could be utilized in the treatment of Parkinson’s disease.

doi: 10.1038/ncomms1669

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度