Research press release

羽毛化石を手がかりに始祖鳥の体色の謎を探る

Nature Communications

Feather provides colouring clue in Archaeopteryx

進化論の象徴である始祖鳥について、羽毛の単離標本を使った研究が行われ、始祖鳥の羽毛の色が黒だったとする推論が示された。この新知見は、始祖鳥の体色に関する手がかりとなる。その詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。 始祖鳥は、爬虫類の特徴(例えば、歯、長い尾椎)に加えて、鳥類のような羽毛を持っているため、その起源に関しては、数々の研究論文が発表されてきた。体色は、現生鳥類の多様で多機能な形質だが、始祖鳥の体色は依然として謎となっている。羽毛化石では、メラノソームと呼ばれる細胞小器官に色素と色の情報が残されている。今回、R Carneyたちは、走査電子顕微鏡法によって、羽毛標本中のメラノソームを調べた。その結果、95%の確率で、この羽毛のもとの色が黒であることが示唆された。 すべての始祖鳥の羽毛が黒であったのかどうかを判断するためには、さらなる羽毛標本の研究が必要となるだろう。

Study of a single Archaeopteryx feather, published in Nature Communications this week, predicts the feather was originally black. This finding provides clues to the colour of this iconic animal. Archaeopteryx combined reptilian features, such as teeth and a long vertebral tail, with bird-like feathers and has inspired much literature about the origin of birds. However, the animal’s colour — which is a diverse and multifunctional trait in mod-ern birds — remains a mystery. Fossilized feathers can still contain pigment and colour information in structures within cells, known as melanosomes. Ryan Carney and colleagues examined melanosomes within the feather specimen using scanning electron microscopy. The results suggest, with 95% probability, that this feather was originally black. Further feather specimens will need to be tested in order to discover whether this colouring persisted across the animal.

doi: 10.1038/ncomms1642

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度