Research press release

隕石中の炭酸塩の年代測定精度を高める

Nature Communications

Improving the dating of meteoritic carbonates

隕石に含まれる炭酸塩粒子の年代測定法が改良され、従来の方法での測定結果より若い年代が得られた。始源的隕石中の炭酸塩は、小惑星で形成したものであり、この炭酸塩の年代が決まると含水小惑星の形成時期がわかる。炭酸塩の年代が若くなったことで、炭酸塩が生じた小惑星の形成年代が、太陽系の誕生の約350万年後であったことを示唆されている。この研究成果を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。 今回、東京大学の藤谷渉(ふじや・わたる)たちは、4点の隕石に含まれるいくつかの炭酸塩粒子を分析した。その結果、これらの炭酸塩の年代が約45億6340万年前に収束した。これは、従来の測定で得られた年代よりも若い。藤谷たちは、太陽系における水成活動の始期がこれまで考えられていたよりも遅いという解釈を示している。

An improved method for the dating of meteoritic carbonate grains, which results in an age which is younger than previous estimates, is presented in Nature Communications this week. Carbonates in primitive meteorites form in asteroids and dating them tells us when hydrous asteroids formed. This new younger carbonate age suggests that the parent asteroid formed 3.5 million years after the birth of the Solar System. Wataru Fujiya and colleagues analysed several carbonate grains in four meteorites. The results for these carbonates converged on an age of 4563.4 million years ago, which is younger than previous estimates for these same meteorites. The authors interpret this to mean a late onset of aqueous activities in the Solar System.

doi: 10.1038/ncomms1635

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度