Research press release

遺伝性出血性毛細血管拡張症における変更遺伝子が同定される

Nature Communications

A modifier gene identified for hereditary haemorrhagic telangiectasia

肺動静脈奇形は、遺伝性出血性毛細血管拡張症の一部のタイプに見られる特徴だが、この奇形に関連する遺伝子がマウスとヒトで同定された。この新知見は、遺伝性出血性毛細血管拡張症の分子レベルでの解明をさらに進め、この疾患の多様な特徴についても一部解明を進めた。研究の詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 遺伝性出血性毛細血管拡張症は、静脈系の疾患で、肺動静脈奇形などの重大な合併症を伴うことがあり、遺伝性出血性毛細血管拡張症患者の約50%に肺動静脈奇形が見られる。遺伝性出血性毛細血管拡張症の原因は、TGFβシグナル伝達経路中に存在する複数のタンパク質の変異だが、この疾患の重症度の範囲を決める要素が何なのかはわかっていない。 これまでの研究で、TGFβ欠損マウスは死産となるが、その結果は実験に用いるマウスの系統によって左右されることが明らかになっていたが、今回、R Akhurstたちは、こうした研究結果を利用して、マウスの致死範囲の決定に関与するゲノム領域を絞り込み、この点で役割を果たす遺伝子としてホスファターゼ遺伝子PTPN14を同定した。今回の研究で、Akhurstたちは、オランダとフランスの遺伝性出血性毛細血管拡張症の患者コホートを研究対象として、PTPN14の遺伝的多型が肺動静脈奇形に関連していることを明らかにした。この新知見は、PTPN14が、遺伝性出血性毛細血管拡張症患者における肺動静脈奇形の存在に関連する変更遺伝子であることを示唆している。

A gene identified in mice and humans that is associated with pulmonary arterial venous malformations, a feature of some types of hereditary haemorrhagic telangiectasia is published in Nature Communications this week. These findings provide further molecular details about the disease and explain, in part, the variable features of this disease. Hereditary haemorrhagic telangiectasia is a disease of the venous system and can be associated with serious complications including pulmonary arteriovenous malformations. This feature of the disease is found in 50% of patients. Mutations in proteins in the TGFβ, signalling pathway cause hereditary haemorrhagic telangiectasia but what governs the range in disease severity is unknown. Rosemary Akhurst and colleagues capitalised on previous studies that showed that mice lacking TGFβ do not survive to birth but this is affected by the strain of mouse used. In this study, they narrowed down the region of the mouse genome that is involved in the range in lethality in mice and identified the phosphatase gene PTPN14 as playing a part. By studying Dutch and French cohorts of patients with hereditary haemorrhagic telangiectasia they showed that genetic variations in PTPN14 were associated with the presence of pulmonary arteriovenous malformations. These findings suggest that PTPN14 is a modifier gene associated with the presence of pulmonary arteriovenous malformations in patients with hereditary haemorrhagic telangiectasia.

doi: 10.1038/ncomms1633

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度