Research press release

乳がん遺伝子に新たな役割か

Nature Communications

A potential new role for breast cancer gene

BRCA1は、家族性乳がんと卵巣がんの一部で変異しているが、このほど、心臓細胞を損傷から守る作用もあることが判明した。この新知見は、BRCA1に変異のある者には、化学療法による心不全のリスクがある可能性を示唆している。 今回、S Vermaたちは、当初健康だった、心臓細胞にBRCA1のないマウスに心筋梗塞による心臓の損傷が生じると、正常なBRCA1をもつマウスより死亡率が高くなったことを明らかにした。また、BRCA1のないマウスに化学療法剤(ドキソルビシン)を投与したところ、心臓の機能が低下し、一部の細胞は細胞死を起こした。さらには、心筋梗塞を起こした後にドキソルビシンを投与されたマウスの心臓において、DNA損傷の修復が低下したことも明らかになった。以上の知見は、BRCA1が心不全の治療に役立つ可能性があること、そして、BRCA1に変異のある家族性乳がん患者と卵巣がん患者は、もう1つの化学療法剤であるアントラサイクリンの使用に伴う心不全のリスクが他の患者より高い可能性があることを示唆している。

BRCA1, which is mutated in some familial breast and ovarian cancers, can protect heart cells from damage reports a paper published in Nature Communications this week. These findings suggest that individuals with a mutation in BRCA1 may be at risk for chemotherapy-induced cardiac failure. Subdoh Verma and colleagues show that mice lacking BRCA1 in heart cells were healthy but when the heart was damaged by myocardial infarction the mice died more frequently than normal mice. When treated with the chemotherapeutic agent doxorubicin mice lacking BRCA1 also had poorer cardiac function and some cells underwent cell death. They could show reduced repair of DNA damage in the hearts of mice after myocardial infarction and doxorubicin treatment. Their findings suggest that BRCA1 may be of therapeutic use in heart failure and that familial breast and ovarian cancer patients with BRCA1 mutations may be at an increased risk of cardiac failure associated with the use of the chemotherapeutic agent anthracycline.

doi: 10.1038/ncomms1601

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度