Research press release

マラリアワクチンの新たな標的

Nature Communications

Raising a vaccine against malaria

マラリア原虫のタンパク質の1つに対して作られたワクチンが抗体応答を起こすことが、ウサギを用いた実験で判明した。この新知見は、このタンパク質がマラリアワクチン生産の取り組みにおいて適切な標的である可能性を示唆している。 今回のウサギを用いた研究で、A Douglasたちは、赤血球期のマラリア原虫の抗原(10種類)に対するウイルスベクターワクチンを比較して、網状赤血球結合タンパク質相同体5(PfRH5)に対するワクチンの接種によって、中和抗体が産生され、ほかのものより高い抗体応答が得られることを見いだした。そして、この中和抗体の有効性を5種の培養マラリア原虫株で検証したところ、これらの抗体によって原虫の増殖が阻害されることも判明した。さらに、マラリアにさらされたケニア人集団の血液中にはPfRH5に対する抗体がほとんど検出されないか、まったく検出されなかった。このことは、PfRH5が免疫の選択圧を受けていないことを示唆している。以上の結果をまとめると、PfRH5が、マラリアワクチンの適切な標的である可能性が示唆される。

A vaccine raised against a malarial parasite protein can induce an antibody response in rabbits reports a paper published in Nature Communications this week. The findings suggest that the protein may be a good target for the production of a malarial vaccine Alexander Douglas and colleagues compared viral vector vaccines for ten different parasite blood-stage antigens and found that vaccination against reticulocyte-binding protein homologue 5 (PfRH5) produced neutralising antibodies and a superior response. These studies were carried out in rabbits and when the antibodies were tested against 5 parasite strains in culture they were found to inhibit parasite growth. The authors noted that little or no antibodies to PfRH5 could be detected in the blood of a group of Kenyan’s exposed to malaria, suggesting that the antigen is not under immune selection pressure. Taken together these findings suggest that this antigen may be a suitable target for vaccination against malaria.

doi: 10.1038/ncomms1615

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度