Research press release

肺がんの新しい治療法の可能性

Nature Communications

Potential therapy for lung cancer

肺がんに見られる炎症細胞が産生するサイトカインを阻害することで、肺がんマウスの生存率が高まることが判明した。この新知見は、この方法が肺がんの治療にとって有用な可能性を示唆している。 今回のS Finottoたちの研究では、ヒトの非小細胞肺がん検体で、T細胞リンパ腫と卵巣がんと同じように、サイトカインIL-17Aの濃度が高いことが明らかになった。IL-17Aは、腫瘍に浸潤するT細胞によって産生され、血管新生を高めると考えられている。Finottoたちは、肺腺がんのマウスモデルを用いて実験を行い、IL-17Aを阻害する抗体を投与すると、肺腫瘍の増殖が抑制されることを明らかにした。IL-17Aの阻害により、腫瘍内のT細胞のバランスと他のサイトカインの発現が変化していたのだった。この新知見は、IL-17Aの機能を阻害することが、肺がんの治療に有用な方法となる可能性を示唆している。

Blocking a cytokine that is produced by inflammatory cells found in lung cancer improves the survival of mice with the disease. This finding, published in Nature Communications, suggests that this method could potentially be a useful approach for the treatment of lung cancer. Susanna Finotto and colleagues showed that, similar to T cell lymphomas and ovarian carcinomas, human non-small cell lung cancer samples had increased levels of a cytokine called IL-17A. IL-17A is produced by T cells that infiltrate the tumour and are thought to increase vascularisation. In a mouse model of lung adenocarcinoma the authors showed that using an antibody that blocks IL-17A suppressed lung tumour growth. Blocking IL-17A altered the balance of T cells in the tumour and the expression of other cytokines. The findings suggest that inhibiting the function of IL-17A may be a useful approach for the treatment of lung cancer.

doi: 10.1038/ncomms1609

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度