Research press release

細胞膜の修復におけるビタミンEの役割

Nature Communications

Role for vitamin E in repairing cell membranes

酸化ストレスによって細胞膜が損傷した培養筋細胞をビタミンEで処理すると、細胞膜が修復されることが明らかになった。この新知見は、実験的な細胞膜の修復に重要な意味を持っている。 今回、P McNeilたちは、筋細胞と糖尿病のin vitroモデルで色素摂取量を測定し、一般的なタイプのビタミンEであるαトコフェロールが、色素の細胞への侵入を阻止することを明らかにした。このことは、ビタミンEが細胞膜の修復を調節することを示唆している。また、αトコフェロールには、機械的ストレスや酸化ストレスにさらされた細胞の修復を高める作用も見られた。以上の新知見は、ビタミンEの不足した食事をとっていると細胞膜の損傷を修復できなくなる可能性があることを示唆している。

Treatment of cultured muscle cells with vitamin E repairs membranes damaged by oxidative stress, reports a study published in Nature Communications this week. These findings have implications for the repair of cell membranes in the laboratory. By measuring dye uptake in muscle cells and in an in vitro model of diabetes, Paul McNeil and colleagues, showed that the common form of vitamin E - a-tocopherol — blocked the entry of the dye into cells suggesting that the vitamin modulated membrane repair. a-tocopherol also enhanced the repair of cells exposed to mechanical and oxidative stress. Their findings suggest that diets lacking vitamin E could result in the inability to repair cell membrane damage.

doi: 10.1038/ncomms1594

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度