Research press release

ネアンデルタール人と現生人類の脳の比較

Nature Communications

Comparing Neanderthal and modern human brains

現生人類(Homo sapiens)の脳とネアンデルタール人の脳を比較したところ、現生人類の脳底部に独特な構造があることが明らかになった。ネアンデルタール人と現生人類という2つの遺伝的に異なる進化系統からは、同じように大型の脳をもつヒト種が生じたが、今回の研究によって、脳領域の再編成が異なっていることが判明し、このことと頭蓋骨の全体的な形状が、現生人類の学習能力と社会性に寄与した可能性がある。 M Bastirたちが今回行った、現生人類とネアンデルタール人の頭蓋骨の三次元表面形状解析により、現生人類の嗅球のほうが大きいことなどの独特な特徴が明らかになった。嗅球が大きいことは、現生人類のほうが高度な臭覚系を備えていたことを示唆しており、このことが、現生人類の神経と行動の進化に影響を与えた可能性が考えられる。

Homo sapiens have unique structures at the base of the brain compared to Neanderthals reports a study in Nature Communications this week. Two genetically different evolutionary lineages, Neandertals and modern humans, have produced similarly large-brained human species, however, the differing brain reorganisation reported in this study, along with the overall skull shape, may have contributed to learning and social capacities in H. sapiens. Markus Bastir and colleagues carried out 3D surface shape analysis of the modern human and Neanderthal skulls to reveal unique features, such as larger olfactory bulbs in modern humans. This suggests a higher sensory system for smell, which could have had an impact on the neurological and behavioural evolution of modern humans.

doi: 10.1038/ncomms1593

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度