Research press release

TRPA1タンパク質を介したパラセタモールの鎮痛作用

Nature Communications

Paracetamol pain relief works via TRPA1

ある種のカンナビノイドとパラセタモールの代謝物が、チャネルタンパク質TRPA1を活性化させることによって、鎮痛作用を仲介していることが明らかになった。このチャネルを活性化させる他の薬物を同定できれば、有用な鎮痛薬に結びつく可能性が示唆されている。 今回、E Hogestattたちは、TRPA1を欠損したマウスを用いた研究で、アセトアミノフェン(別名:パラセタモール)の鎮痛作用を成立させるうえでTRPA1が必要なことを明らかにした。そして、パラセタモールの複数の代謝物がこのチャネルを活性化し、これらの代謝物の1つがマウスの脊髄に存在することを明らかにした。このことは、鎮痛作用をもたらすTRPA1活性化の部位が脊髄であることを示唆している。また、Hogestattたちは、TRPA1を活性化させることが知られるΔ9-テトラヒドロカンナビオコール(カンナビノイド誘導体の一種)もマウスに鎮静作用をもたらすことを明らかにした。このことは、Δ9-テトラヒドロカンナビオコールやそのほかの毒性をもたらさない薬剤(例えば、パラセタモール)が痛みの治療に有用である可能性を示唆している。

Paracetamol metabolites and a particular cannabinoid activate a channel protein called TRPA1 to mediate pain relief. This finding, reported in Nature Communications this week, suggests that identification of other agents that activate this channel may be useful analgesics. Using mice that lack TRPA1, Edward Hogestatt and colleagues demonstrated that this protein is required to mediate the analgesic properties of acetaminophenl, also known as paracetmaol. The authors showed that the metabolites of paracetamol activate the channel, and they could identify the presence of one of these metabolites in the mouse spinal cord, suggesting that this is the site of TRPA1 activation that is responsible for pain relief. They demonstrated that a cannabinoid derivative, Δ9-tetrahydrocannabiorcol which is known to activate TRPA1, also had an analgesic effect in the mouse, suggesting that the use of this compound or other agents that do not cause toxicity like paracetamol, may be useful for the treatment of pain.

doi: 10.1038/ncomms1559

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度