Research press release

薬物が代謝に与える影響を調べる

Nature Communications

Drug effects on metabolism

候補薬剤で処理した細胞の代謝に生じる影響を調べるための新たな方法が明らかになった。この方法は、多くの新薬の特性解析と開発に役立つかもしれない。 今回、G Paternostroたちは、哺乳類の細胞を薬物様分子で処理した場合に細胞の代謝に及ぶ影響を評価するための核磁気共鳴(NMR)を用いたハイスループット・スクリーニング法を開発した。病気にかかると代謝が変化することが多いため、治療中の代謝の変化を常時把握できれば、治療薬の効能評価と新薬開発に役立つ可能性がある。 さらに、この論文に示された技術の妥当性は、既知のキナーゼ阻害剤のライブラリーを用いて確認された。今後の研究しだいで、薬物探索に用いる方法の開発につながるかもしれない。

A new method to determine the metabolic effects on cells that have been treated with candidate drugs is published online this week in Nature Communications. The method may aid the characterisation and development of many new drugs. Giovanni Paternostro and co-workers developed a nuclear magnetic resonance (NMR) based high throughput screen to assess the metabolic effects of treating mammalian cells with drug-like molecules. As metabolism is altered in many diseases, monitoring changes in metabolism during treatment could help to assess treatment efficacy and aid drug development. Although the technique outlined in this study was validated with a library of known kinase inhibitors, future work may see the method developed for use in drug discovery efforts.

doi: 10.1038/ncomms1562

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度