Research press release

身振りをするカラス

Nature Communications

Ravens show and offer language skills

ワタリガラスは、特定の物体を「見せる」、「差し出す」といった身振りを用いて、相手のカラスの注意をその物体に向けさせていることがわかった。こうした指示的身振りは、言語技能の基礎になると考えられており、今回の研究で、非霊長類系統による指示的身振りの事例が加わった。 ヒトの子どもは、ほぼ1歳の頃に「見せる」、「差し出す」、「指さし」といった指示的身振りを用いることが知られている。今回、S Pikaたちは、アルプス山脈北部(オーストリア)に生息するワタリガラス(Corvus corax)のペア間の社会的相互作用を映像にとらえた。ワタリガラスは、相手のカラスにコケや小枝を見せて、その注意や体の向きをこうした物体に向けさせていた。指示的身振りを使うのは霊長類系統だけでないことが示唆されている。

Ravens use gestures like showing and offering to direct other raven’s attention finds a study in Nature Communications this week. This is another example of referential gesturing — thought to form the foundation of language skills — in a non-primate lineage. Human children are known to use referential gestures such as showing, offering and pointing around the age of one year. Simone Pika and colleagues filmed social interactions between raven (Corvus corax) dyads in the Northern Alps in Austria. They observed the ravens showing moss and twigs to others, directing the observer’s attention and orientation to the object. This suggests that the use of referential gestures is not restricted to the primate lineage.

doi: 10.1038/ncomms1567

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度