Research press release

米国フロリダキーズのサンゴの成長速度は少なくとも1996年までは衰えていなかった

Nature Communications

Florida Keys coral keep up growth rate

フロリダキーズ沖(米国フロリダ州)に生息する亜熱帯サンゴ種は、1996年までの60年間にわたって、環境の変化に耐えていたことを報告する研究論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。このサンゴ礁が最適ではない環境条件下でも成長し、石灰化する能力を持続できた原因の1つは、生息地が亜熱帯だったことだと考えられている。なお、この研究は、1996年以降については行われていない。大気中の二酸化酸素濃度の増加と海面水温の上昇の組み合わせで起こる海洋の酸性化は、サンゴの石灰化と成長を抑制して、サンゴ礁生態系の劣化を引き起こすと考えられている。今回、K Helmleらは、フロリダキーズの7か所の亜熱帯サンゴ礁について、1937年から1996年までのサンゴ成長記録の傾向、変化と10年平均値を報告している。こうした成果は、これらのサンゴ礁が健康であることを意味するものではないが、フロリダキーズの亜熱帯サンゴ種の成長速度が、サンゴを採取した1996年までの近年の気候変化に対し耐性を有していたことが示唆されている。

A species of subtropical coral that grows off the Florida Keys seems to have withstood environmental changes, over a sixty year period up to 1996, according to research in Nature Communications this week. The subtropical location of these reefs may be a contributing factor to their persistent ability to grow and calcify under less than optimal environmental conditions — although the authors did not study the period from 1996 onwards.Ocean acidification, due to rising atmospheric carbon dioxide, combined with rising sea surface temperatures is thought to cause the degradation of coral reef ecosystems by reducing calcification and growth.Kevin Helmle and colleagues report on the trends, variability and decadal averages of coral growth records from seven subtropical reefs located in the Florida Keys from 1937 to 1996. While the results do not mean that the coral reefs in question are necessarily healthy, the study suggests that growth rates in this species of subtropical coral of the Florida Keys have been tolerant to recent climatic changes up to the time of their collection in 1996.

doi: 10.1038/ncomms1222

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度