Research press release

イネにとって大事な鉄輸送体

Nature Communications

An iron boost for rice

イネの生長と発育にとって大事な鉄輸送体が同定された。この鉄輸送体を標的とした方法が、イネの栄養価の向上にとって重要な意味を持つかもしれない。この研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

今回、東京大学の西澤直子らは、約4000種のイネ系統についてスクリーニングを行って、鉄欠乏の症状が見られるイネ系統1種を見いだした。この変異イネ系統には、ミトコンドリアに局在するタンパク質であるミトコンドリア鉄輸送体の変異が見られ、生長異常があった。

この新しい知見は、イネの鉄分増加にとって大事な意味を有するかもしれない。イネの鉄分は、ヒトの鉄分不足を解消するうえで重要な役割を果たす可能性があるのだ。

An iron transporter in rice that is important for plant growth and development is identified in a paper in Nature Communications this week. Targeting this transporter may prove to be important for improving the nutritional quality of rice.

By screening nearly 4000 different rice lines Naoko Nishizawa and colleagues found one line with iron deficiency. The mutant plant was found to have an alteration in a protein that localises to the mitochondria, known as mitochondrial iron transporter, and the plants were shown to have growth defects. These findings may have implications for improving the iron content of rice which could be important for reducing iron deficiency in humans.

doi: 10.1038/ncomms1326

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度