Research press release

リチウム硫黄電池の長寿命化に役立つ正極の設計

Nature Communications

Long-life lithium-sulphur batteries

リチウム硫黄電池の普及につながることが期待される新たな正極の設計について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 リチウム硫黄電池は、軽量で、エネルギー密度が高い。しかし、中間体のポリスルフィド化合物が電解質に溶解することによって正極が劣化するため、リチウム硫黄電池の開発には障害があった。今回、L Nazarらは、炭素/硫黄複合体に埋め込まれた多孔質シリカを用いて、正極を作製した。このシリカは、中間体のポリスルフィド化合物を内部的に貯蔵して、電解質に溶け込むことを防ぎ、正極の寿命を延ばす。 さらなる開発研究が必要となるが、この技術は、リチウム硫黄電池用正極に幅広く応用されて、リチウム硫黄電池の長寿命化をもたらす可能性を秘めている。

A new cathode design which may lead to wider use of lithium-sulphur batteries is reported in Nature Communications this week.

Lithium-Sulphur (Li-S) cells are light-weight and have high energy densities, but their development has been impeded by cathode degradation caused by dissolution of intermediary polysulphide compounds into the electrolyte. Linda Nazar and co-workers now produce a cathode which consists of porous silica embedded within a carbon/sulphur composite. The silica acts as an internal reservoir for intermediary polysulphides, preventing their dissolution in the electrolyte, and leading to a more durable cathode.

More development will be required, but the technology could be applied broadly to Li-S cathodes and may in future lead to long-life Li-S batteries.

doi: 10.1038/ncomms1293

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度