Research press release

16年間に18回再生したイモリの眼水晶体

Nature Communications

16 years of regeneration for the newt lens

Cynops pyrrhogaster(アカハライモリ、別名ニホンイモリ)の眼水晶体を16年間で18回再生させた研究について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。今回発表される研究結果では、アカハライモリにおいて、眼水晶体の再生の効率が、時間の経過や加齢によって低下しないことが示唆されている。

P Tsonisたちは、1994年にイモリを採取し、その後、水晶体切除術(眼の水晶体を取り除く処置)を繰り返し行った。この実験は、16年間に18回行われた。Tsonisたちは、17回目と18回目の水晶体切除術の後に再生した水晶体と対照群のイモリの水晶体を比較し、形態が同じであり、水晶体での水晶体遺伝子の発現レベルが同程度であることを明らかにした。今回の研究結果により、イモリの再生能は長期間にわたって持続することが判明した。

The lens of the Japanese newt, Cynops pyrrhogaster, can regenerate eighteen times over a sixteen year period, reports a study published in Nature Communications this week. These findings suggest that in this species of newt regeneration of the eye does not become less efficient over time or with age.

Panagiotis Tsonis and colleagues collected newts in 1994 and over time repeatedly removed the lens of their eyes, in a procedure termed a lensectomy. The experiment was performed eighteen times over a sixteen year period and they demonstrate that the lenses that regenerate after the 17th and 18th procedure have the same morphology as control newts and express lens genes at a similar level. Their findings reveal a new extended capacity for regeneration over a prolonged period of time.

doi: 10.1038/ncomms1389

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度