Research press release

薬剤の組み合わせによる新たな化学療法

Nature Communications

A new combo for chemo

2種類の化学療法剤の組み合わせによって、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫細胞の増殖を抑制できることが、マウスモデルと患者の培養細胞を用いた研究で明らかになった。この結果は、この併用療法が、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者の治療に役立つ可能性を示唆している。詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

今回、R Gartenhausたちは、ヒトのびまん性大細胞型B細胞リンパ腫細胞において、DNA損傷にかかわるChk2タンパク質の発現上昇を検出し、このことがERK1/2タンパク質の発現と相関していることを見いだした。そして、マウスモデルにおいてChk2とERK1/2をそれぞれ標的とする阻害剤を用いた実験を行い、これらの阻害剤を併用してヒト原発がん細胞を処理すると、がん細胞死が誘導され、これらの阻害剤が腫瘍の増殖を抑制することを見いだした。このことは、この2種類の阻害剤を併用する治療法が、1種類の阻害剤による治療法より効果的であることを示している。 以上の研究成果は、この併用療法が、臨床において、びまん性B細胞リンパ腫を狙い撃ちする有用な方法であることを示唆している。

The combination of two chemotherapeutic agents reduces the growth of diffuse large B-cell lymphoma cells in a mouse model and in patients’ cells in culture. These findings, reported in Nature Communications this week, suggest that this combination therapy may be useful in treating patients with this disease.

Ronald Gartenhaus and colleagues detected the elevated expression of the DNA damage associated protein Chk2 in human diffuse large B-cell lymphoma cells and found that this correlated with the expression of another protein, ERK1/2. Using inhibitors that target the two proteins, they found that the dual treatment of primary human cancer cells induced cell death and that these chemicals also blocked tumour growth in a mouse model. This suggested that the dual treatment of the cells was more effective than the single treatment.

These findings suggest that this may be a useful approach for targeting diffuse B-cell lymphoma in the clinic.

doi: 10.1038/ncomms1404

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度