Research press release

昆虫コロニーを成立させるもの

Nature Communications

Building an insect colony

昆虫における真社会性、すなわち、コロニーを構成する個体がコロニー全体の利益のために働くことは、女王の一雄一雌制と生殖能力のないワーカーの誕生の組み合わせを通じて進化したと結論付ける研究論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この研究は、数多くの昆虫に見られる真社会性の進化において生態学的要因と遺伝的性質がどのような役割を果たすのかという長年にわたる問題を説明するうえで役に立つかもしれない。

今回、L FromhageとH Kokkoは、アリやハチのような昆虫のコロニーの誕生から成長、終焉までのシミュレーションを行うための数理モデルを構築した。そして、一雄一雌制と生殖能力のないワーカーの誕生(雄産性単為生殖)が相互に補強し合う形で真社会性の進化を促進しているという新たな見解を明らかにした。

Eusociality in insects — where an individual works for the benefit of the entire colony — evolved through a combination of monogamous mating by the queen and the birth of sterile worker individuals concludes a study in Nature Communications this week. This work helps explain the longstanding question of the role of ecological factors and genetics in the evolution of eusociality seen in many insects.

Lutz Fromhage and Hanna Kokko built a mathematical model to simulate the birth, growth and death of an insect colony, as is seen in ants and bees. They show that monogamy and the birth of sterile workers — a process known as haplodiploidy — facilitate the evolution of eusociality in a novel, mutually reinforcing way.

doi: 10.1038/ncomms1410

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度