Research press release

Polo様キナーゼ-1阻害剤の安全性がマウスで実証

Nature Communications

Polo-like kinase 1 inhibitors safe in the mouse

Polo様キナーゼ-1の濃度低下が、マウスの生理機能に大きな影響を及ぼさないことが判明した。この知見は、Polo様キナーゼ-1を標的とする抗がん剤が、正常な細胞を損なうことなく、腫瘍細胞を死滅させられる可能性を示唆している。研究の詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

K Strebhardtたちは、遺伝子組み換えマウスモデルを作製して、Polo様キナーゼ-1の濃度低下が正常なマウスの生理機能にどのような影響を及ぼすのかを調べた。その結果、わずかな鉄欠乏はあったが、各種臓器に対する大きな影響は見られなかった。この知見からは、現在入手可能なPolo様キナーゼ-1を標的とする抗がん剤を用いて、腫瘍細胞を選択的に死滅させられる可能性が示唆されている。また、Strebhardtたちは、この種の遺伝子組み換えマウスモデルを用いて、マウスにおける抗がん剤の毒性を予測できることも実証した。

Reduced levels of Polo-like kinase 1 do not cause any major impact on mouse physiology reports a study published in Nature Communications this week. These findings suggest that cancer drugs which target Polo-like kinase 1 may kill tumour cells whilst sparing normal cells.

Klaus Strebhardt and colleagues generated a genetically engineered mouse model to study the effects of reduced Polo-like kinase 1 on the physiology of the normal mouse. They found that although the mice showed a slightly iron deficiency there were no major effects on different organs of the mice. Not only do these findings suggest that drugs that are available and target Polo-like kinase 1 may selectively kill tumour cells, they also demonstrate the use of these types of genetically engineered mouse models to predict the toxicity of cancer drugs in mice.

doi: 10.1038/ncomms1395

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度