Research press release

メキシコ湾流とともに移動するシルバーヘイクの生息分布

Nature Communications

Silver hake fish follow the Gulf Stream

シルバーヘイクの生息分布が北へ移動していることが、これまで40年にわたって観察されていたが、この生息分布の移動がメキシコ湾流の経路に関連している可能性があることが明らかになった。今回の研究成果は、メキシコ湾流の位置が北へ移動しているという気候モデルによる予測を使って、米国北東岸での商業上重要なシルバーヘイクの出現を10年スケールで予想できることを示唆している。詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

今回の研究で、J Nyeたちは、温度などの気候条件の変化に応じて生物種の空間分布が変化する過程の一例を示している。北大西洋では大規模な大気と海洋の変化が起こって、大陸棚上の底層水の温度とメキシコ湾流の位置が変化しており、これに成体のシルバーヘイクが応答しているのだ。

The northward shift in the distribution of the Silver hake, observed over the past 40 years, can be linked to the path of the Gulf Stream, shows a study published in Nature Communications this week. This suggests that the occurrence of this commercially important fish could be forecast on decadal scales on the northeast coast of the US using the more northerly position of the Gulf Stream predicted by climate models.

Janet Nye and colleagues present an example of how the spatial distribution of a species shifts in response to changing climate conditions, such as temperature. Large-scale atmospheric and oceanic changes in the North Atlantic vary the bottom water temperatures on the shelf and the position of the Gulf Stream, which the adult Silver hake respond to.

doi: 10.1038/ncomms1420

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度