Research press release

鳥類の翼の3本の指は恐竜の第1-2-3指に由来する

Nature Communications

Birds have dinosaur digits 1, 2 and 3

鳥類の翼の指は、第1-2-3指を持つ恐竜から進化したとする学説を裏付ける研究結果が発表される。今回の研究は、鳥類の翼の指が、胚において第2-3-4指の位置から発生したという従来の研究による結論に反している。詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

鳥類の翼の解剖学的構造は、三畳紀の獣脚類恐竜の前肢の指に似ている。しかし、どの位置の指が、現生鳥類の翼の指に進化したのかは解明されていない。今回、M Towersたちは、指のパターンの形成過程を明らかにするため、ニワトリの翼の遺伝地図を作製して、軟部組織と軟骨の発生領域を正確に突き止めた。その結果は、第1-2-3指を持つ獣脚類恐竜から鳥類の翼の指が進化したとする学説と一致している。

Support for the theory that bird wings descended from dinosaurs that had digits 1, 2 and 3, is published in Nature Communications this week. This is contrary to previous studies which had suggested that bird wing digits arise in the embryo in digit positions 2, 3 and 4.

Bird wing anatomy resembles the digits on the hands of Triassic theropod dinosaurs, but which digit positions gave rise to those seen in modern birds is still unclear. To understand how digit patterns are generated, Matthew Towers and colleagues produce genetic maps of the chick wing to pinpoint areas of soft tissue and cartilage development. Their results are in agreement with the proposal that the digits of the bird wing are 1, 2 and 3 having evolved from theropod dinosaurs that had the same digits.

doi: 10.1038/ncomms1437

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度