Research press release

ナノ粒子の構造的特性を測定する方法

Nature Communications

A great nanoscale resolution

従来の約20倍の分解能で単一ナノ粒子の構造的特性を調べる方法が発表された。ナノ粒子は、薬物送達に用いられるため、今回の研究は、特定の特性を有する薬の開発にとって重要な意味を持つ可能性がある。この研究成果を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。 流動的な界面に存在するナノ粒子は、薬物送達、生体膜を介した取り込み、ナノ複合材料の作製など、さまざまな分野での応用にとって重要だ。その中で、個々のナノ粒子のぬれ性を解明することは、これまで難題として残っていた。今回、L Isaたちは、直径10ナノメートルという微小なナノ粒子のぬれ性を個別に測定するために用いることのできるin situ画像化法を開発した。 この分解能は、現在の技術水準をはるかに超えるもので、ナノスケールのぬれを解明するうえで新たな知見をもたらすかもしれない。

A method which determines the structural properties of individual nanoparticles at resolutions almost 20 times greater than before is reported in Nature Communications this week. As nanoparticles are used for drug delivery this work could potentially have implications for the development of drugs with specific properties.Nanoparticles at fluid interfaces are central to a range of applications including drug delivery, uptake through biological membranes and the fabrication of nano-composites. Understanding the wetting properties of individual nanoparticles has so far remained a challenge. Lucio Isa and colleagues develop an in situ imaging method which can be used to determine the wetting properties of individual nanoparticles as small as 10 nanometres in diameter.This resolution greatly surpasses that of current state of the technologies, and may provide new insights in the understanding of nanoscale wetting.

doi: 10.1038/ncomms1441

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度