Research press release

ウェットなエネルギー収集

Nature Communications

Harvesting wet energy

移動する液滴からエネルギーを得る方法が考案された。この方法は、安価で環境にやさしいエネルギー収集・貯蔵法として、電池の代わりとなる可能性がある。その詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

現在のところ、電池のコストと電池による環境汚染のために、携帯電話などの携帯用電子機器の性能が制約を受けている。力学的エネルギーを電気に変換することによる強力な携帯エネルギー収集方法は、環境にはやさしいのだが、これまでのところ、変換速度が速くないという問題が残っている。今回、T KrupenkinとA Taylorは、逆エレクトロウェッティングによって力学的エネルギーを電気に変換する方法を開発して、この問題点を克服した。

この技術は、誘電体薄膜内に封じ込められた極微液滴の移動によるもので、従来の電池に匹敵する高い出力密度を実現できる。

A method that harvests energy from moving liquid droplets is reported this week in Nature Communications. This method for the collection and storage of energy may provide a cheap and environmentally friendly alternative to batteries.

The cost and pollution associated with electrical batteries is currently limiting the performance of portable electronic devices such as mobile phones. Although environmentally friendly, portable high-power energy harvesting — by converting mechanical energy into electricity — has so far been hampered by poor conversion rates. Tom Krupenkin and Ashley Taylor overcome this problem by developing a mechanical-to-electrical conversion method based on reverse electrowetting.

The technique is based on moving microscopic liquid droplets within thin dielectric films, and is capable of reaching high power densities that rivals those of conventional batteries.

doi: 10.1038/ncomms1454

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度