Research press release

大型ハドロン衝突型加速器での陽子-陽子衝突

Nature Communications

Proton-proton collisions at the LHC

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)でのATLAS国際協力実験によって7 TeVでの陽子-陽子衝突断面積の初めての実験的測定が行われた。これまでに観測された中で最も高いエネルギーでの陽子衝突であり、得られたデータは、宇宙線シャワーのモデル作成や高エネルギー粒子相互作用に関する学説の実証にとって重要だ。この研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

この衝突断面積は、2つの粒子が衝突する確率を表し、粒子のエネルギーに依存している。陽子相互作用の発生率を解明することは、素粒子物理学にとって基本的に重要だが、既存の学説から導き出すことができなかった。今回、ATLAS国際協力実験の研究チームは、陽子の衝突によって生じた原子より小さな産物をATLAS検出器で測定することで、この発生率を得た。

今回の研究結果で、高エネルギーの陽子の挙動に関する従来の予測が正しいことも確認された。

The first experimental measurement of the proton-proton cross-section at 7 TeV is reported by the ATLAS collaboration at the Large Hadron Collider (LHC) this week in Nature Communications. This finding marks the highest energy collision for protons observed to date. These data are important for modelling cosmic ray showers and validating our understanding of high-energy particle interactions.

The cross-section describes the probability for two particles to collide and depends on the energy of the particles. Understanding the rate of proton interactions is fundamentally important for particle physics but it cannot be worked out from existing theories. The team at ATLAS determined this rate by measuring the subatomic products resulting from the colliding protons using the ATLAS detector.

The results confirm previous predications for the behaviour of high-energy protons.

doi: 10.1038/ncomms1472

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度