Research press release

流体版四重極の作製

Nature Communications

Engineering liquid quadrupoles

静電四重極の流体版が作り出され、細胞生物学における幹細胞の培養手段としての利用可能性が考えられている。この成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

四重極には数多くの工学用途があり、とりわけ注目すべきなのが、荷電粒子ビームを収束させるために用いる磁石としての用途だ。一方、四重極の流体版については、これまで実験的応用の報告はなかった。今回、D Junkerたちは、磁場ではなく、流動液体によって構成されるマイクロ流体四重極を実証した。この四重極では、中心にある「よどみ点」の大きさと位置を容易に調節できる。よどみ点からは濃度勾配が形成され、溶液が極間を移動できるようになる。この流体四重極は、幹細胞のように、通常、閉じた流路内での培養が難しい細胞を培養するためのプラットフォームになるかもしれない。

Researchers have created the fluid analogue of an electrostatic quadrupole. The discovery, reported this week in Nature Communications, may find use in cell biology as a means to culture stem cells.

Quadrupoles have many engineering applications, most notably as magnets used to focus beams of charged particles in particle accelerators. However, experimental applications of fluid quadrupoles have not been reported until now. The microfluidic quadrupole demonstrated by David Junker and colleagues consists of flowing liquids rather than magnetic fields. A stagnation point at the centre of the quadrupole can be readily adjusted in both size and position from which a concentration gradient can form, allowing solutions to move between poles. This could provide a platform for cultivating cell cultures that are normally hard to breed inside closed channels, such as stem cells.

doi: 10.1038/ncomms1471

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度