Research press release

微生物によるバイオディーゼル燃料の生産

Nature Communications

Microbial production of a diesel biofuel

D2ディーゼル燃料の代わりとなるバイオ燃料を微生物によって生産するという目標に一歩近づいたことが明らかになった。この次世代燃料は、石油系燃料に似た特性を有し、既存の設計によるエンジンと流通・貯蔵インフラを利用でき、環境にも利益をもたらす可能性がある。この研究成果の詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

T S Leeたちは、ビサボランを生合成して、D2ディーゼル燃料の代替品として利用できることを発見し、代謝工学によって細菌と酵母を作製し、ビサボランの前駆体であるビサボレンを生合成した。ただ、残念なことに、ビサボラン生合成の最終段階には、従来の水素化が必要で、微生物を用いて実施できない。

商業的に見合う数量での生産にスケールアップするには、さらなる目覚ましい開発が必要とされるが、今回の研究は、新たなテルペン系の次世代燃料を同定し、バイオ燃料生産のための微生物プラットフォームの開発に関する手がかりをもたらした。

A step towards the microbial production of a biofuel which may be used as an alternative to D2 diesel fuel is reported in Nature Communications this week. Advanced biofuels, with properties similar to those of petroleum-based fuels, could be used by current engine designs, and distribution and storage infrastructure with potential benefits to the environment.

Taek Soon Lee and colleagues identify bisabolane as a biosynthetic alternative to D2 diesel and then engineer bacteria and yeast to produce the bisabolane precursor, bisabolene. The final step of the synthesis to produce bisabolane unfortunately requires a conventional hydrogenation and it cannot currently be carried out microbially.

Although the scale-up to commercially viable volumes would require significant further development, this work provides new insights into the identification of new terpene-based advanced biofuels and the development of microbial platforms for biofuel production.

doi: 10.1038/ncomms1494

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度