Research press release

記憶の再固定化と食料記憶の消去

Nature Communications

Forgetting memories

ラットの実験で、食物依存症に関連した報酬記憶を訓練によって消去しうることが明らかになった。この新知見は、将来的には、薬物依存症の治療に対して重要な意味をもつ可能性がある。この研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 記憶の再固定化(記憶の再活性化とその後の記憶消去)を行うと、恐怖の記憶が消去されることが知られている。今回、J Leeたちは、この処置によって、ラットの食料の記憶も消去できることを明らかにした。この実験では、ラットに訓練を施して、食料を得るために給餌器に鼻を突っ込むようにさせ、その際には弱い刺激を与えた。次に、この記憶を再活性化させるため、給餌器に鼻を突っ込むラットに食料を与えずに弱い刺激を与えるという実験を10分間行った。その結果、この処置を60〜70分継続した後に食料の記憶は消去されることがわかった。 今後の研究の積み重ねで、この新知見は、臨床応用につながる可能性がある。

Rewarding memories, related to food addiction, can be erased in rats through training suggests research published this week in Nature Communications. These findings may in future have important implications for the treatment of drug addiction.

Memory reconsolidation, or the reactivation of a memory followed by extinction is known to erase fear memories. Jonathan Lee and colleagues show that this procedure can also erase food memories in rats. Rats were trained to poke their noses into a feeder to receive food; this was associated with a light stimulus. To reactivate the memory, for 10 minutes the rats still received the light stimulus but did not receive the food,. The team found that when this procedure was carried out over a 60-70 minute period the memory was extinguished.

With further research, these findings may be translatable to a clinical setting.

doi: 10.1038/ncomms1515

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度