Research press release

エリスロポエチンは肥満も抑える

Nature Communications

Signals for obesity

赤血球の形成を調節するシグナル伝達分子「エリスロポエチン」が、脂肪量とエネルギー消費を正常レベルに維持するうえでも重要な役割を果たしていることがマウスの研究で判明した。エネルギー恒常性と脂肪細胞の生成を調節する因子を解明することは、ヒトの肥満の治療や予防のための有効な方法の開発に役立つ可能性がある。

エリスロポエチンは、赤血球の形成に必須だが、代謝恒常性における役割は解明されていない。今回、C Noguchiたちは、エリスロポエチンの受容体が、造血組織に限局されず、白色脂肪組織と視床下部でも高度に発現することを見いだした。そして、マウスの視床下部においてエリスロポエチンのシグナル伝達を乱す実験では、エネルギー消費が減少し、肥満とインスリン抵抗性が発生した。白色脂肪組織においてエリスロポエチンのシグナル伝達がない場合には、脂肪細胞数が増えており、これも肥満の一因となっている可能性がある。

今回の知見をまとめて考えると、エリスロポエチンがマウスの脂肪量を正常レベルに維持するうえで何らかの役割を果たしていることを示す証拠となっている。Noguchiたちは、エネルギー恒常性におけるエリスロポエチンの重要性を十分に解明するには、さらなる研究が必要だと考えている。

A signalling molecule that regulates red blood cell production also has an important role in maintaining normal fat mass and energy expenditure. This finding is reported in a mouse study in Nature Communications this week. Identification of factors that regulate energy homeostasis and the generation of fat cells could assist the development of effective approaches for the treatment or prevention of human obesity.

Erythropoietin is essential for erythropoiesis — the formation of red blood cells (erythrocytes) — but its role in metabolic homeostasis is uncertain. Receptors for this signalling molecule are not constrained to blood-forming tissues; they are also highly expressed in white fat tissue and in the hypothalamus, Constance Noguchi and colleagues find. They demonstrate that disruption of erythropoietin signalling in the hypothalamus decreases energy expenditure in mice, leading to the development of obesity and insulin resistance. An absence of erythropoietin signalling in the white fat tissue results in an increase in fat cell numbers, which may also contribute to obesity.

Together, these findings provide evidence for a role of erythropoietin in maintaining normal fat mass in mice. The authors suggest than further investigations are needed to fully understand the importance of erythropoietin in energy homeostasis.

doi: 10.1038/ncomms1526

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度